演劇部

演劇部

部活動紹介

本校演劇部は、役者だけではなく、音響・照明など裏方も全て部員で役割分担を行い、全てを自分達の手で舞台上に表現し、お客さんに見て頂くという活動を行っています。そのため、日頃からの基礎練習に始まり、演技練習や大道具作成、時には皆で集まって他の学校やプロの劇団を観に行くなど、盛り沢山な内容です。演じることは、他者の気持ちを理解する事にもつながり、舞台作りは仲間と協力が欠かせないものですから、深い人間関係を学べて内面から成長できる部活動だと思います。

【活動場所】 演劇部室
【活動日】  毎日( 月〜金 ) 土・日曜日も必要に応じて
【活動時間】 平日 15:45 〜18:00

主な活動内容

【平成28年度】
4月 第31回ふくい春まつり参画事業、福井商工会議所青年部主催(福井城址周辺・お堀内)
  「サクラ男と桜並木〜岩堀貞雄氏の活躍と福井YEGの繋がり〜」に賛助出演
4月 ハピリンのオープニングイベント・高校生キラリステージ(ハピリン4階総合ボランティアセンター)
  「チューリップ」比島千穂(3年)作 上演 及びボランティアパトロールとして参加
5月 福井県青少年総合対策本部と青少年育成福井県民会議より要請を受け、交通安全を呼びかけるCМを撮影
   福井県内でテレビ放送
6月 BOUHANシアター(福井治安アカデミー演劇祭 響のホール)
  「事故起こされるこっちの身にもなってください。」比島千穂(3年)作 上演 ベストシナリオ賞受賞
9月 第27回福井県高等学校総合文化祭(第七十回福井県高等学校演劇祭 AOSSA福井県民ホール)
  「女や〜めた!」安部いさむ 作(既成脚本) 上演 銀賞・アクション賞受賞
11月 福井劇の会 第七十五回記念作品「継なぎ糸」佐野吉男 原作・演出(AOSSA福井県民ホール)に賛助出演
3月 第36回弥生公演(フェニックスプラザ小ホール)「Reste toi-même(レスツ トアメーム)」山口藍羽(1年)作 上演

【平成27年度】
6月 BOUHANシアター(福井治安アカデミー演劇祭 響のホール)「生徒会執行部」佐藤由佳(3年)作 上演
9月 第26回福井県高等学校総合文化祭(第69回福井県高等学校演劇祭 鯖江市文化センター)
  「Don’t Stop Me Now!」坪内大輔(2年)作 上演 銀賞受賞(坪内大輔 創作脚本賞受賞)
10月 短編映画「父の日」小平哲平監督(ニューシネマワークショップ)
   坪内大輔(2年)出演の作品が福井駅前短編映画祭2015(テアルトサンク)に出展・上映される
3月 第35回弥生公演(フェニックスプラザ小ホール)「雨女」伊藤貴晴 作(既成脚本)上演

【平成26年度】
6月 BOUHANシアター(福井治安アカデミー演劇祭 響のホール)「崩壊」山岸美憂(2年)作 上演
9月 第25回福井県高等学校総合文化祭(第68回福井県高等学校演劇祭 みやま木ごころ文化ホール)
  「メモリアル」比島千穂(1年)作 上演
11月 第34回近畿総合文化祭(福井大会)
  ・総合開会行事(福井県立音楽堂ハーモニーホールふくい)開会宣言および演劇上演
  ・演劇部門(鯖江市文化センター)実行委員として運営参加
2月 短編映画「父の日」小平哲平(ニューシネマワークショップ)第1回監督・脚本作品に
   本校演劇部・坪内大輔(1年)が 主人公・海の友人・桑原役にて出演,撮影終了
3月 第34回弥生公演(フェニックスプラザ小ホール)「夏芙蓉」越智優 作(既成脚本)上演

【平成25年度】
6月 BOUHANシアター(福井治安アカデミー演劇祭 響のホール)「犯罪研究同好会」水田麻稀(3年)作 上演
9月 第24回福井県高等学校総合文化祭(第67回福井県高等学校演劇祭 ハートピア春江)
  「Utopian game〜死刑台で笑うための99の方法〜」仲井陽 作(既成脚本)上演 銀賞受賞(水田麻稀 演技賞受賞)
10月 第34回近畿総合文化祭プレ総合開会式(福井県立音楽堂ハーモニーホールふくい)演劇部門にて上演
                                           および実行委員として運営参加
3月 第33回弥生公演(AOSSA県民ホール)「平成アンドロイド」後藤香織 作(既成脚本)上演

【平成24年度】
6月 BOUHANシアター(福井治安アカデミー演劇祭 響のホール)「Cream Puff」小川さくら(3年)作 上演
9月 第23回福井県高等学校総合文化祭(第66回福井県高等学校演劇祭 福井市文化会館)「風船」小川さくら(3年)作 上演
12月 第65回中部日本高等学校演劇大会(福井市文化会館) 運営スタッフとして参加
3月 第32回弥生公演(AOSSA県民ホール)「四姉妹の不在証明」石山浩一郎 作(既成脚本)上演

顧問からのメッセージ

顧問からのメッセージ

演劇は面白い。一生懸命メッセージを込めて脚本を書き、頭の中で想像した世界を、舞台空間に創造する。役者は、演じる対象を内面から外見まで深く研究して、別の存在になりきる。こんな盛り沢山の内容は、他の部活にも決して負けません。演劇部での経験が、未来を拓く武器になることでしょう。

部員からのメッセージ

部員からのメッセージ

私たち演劇部は、地下にある秘密基地のような部室で、毎日仲良く楽しく活動しています。今年度は新入部員が5人も入部してくれました!3年生が引退・卒業し、現在の部員は8名です。大きな劇を演じるにはまだまだ人数が足りず、引き続き部員を募集中です。3年間演劇をすると、新しい自分に出会えて、学校の成績もアップ!進学でも就職でも、面接も上手にできるようになります。いつでも見学にだけでも来て下さい。絶対に、やりがいある部活なので、私たちと一緒に舞台に立ってみませんか?

Photo Library

  • 第33回弥生公演
  • 第34回近畿総合文化祭総合開会行事
  • 第67回福井県高等学校演劇祭
  • 第67回福井県高等学校演劇祭

お知らせ&ニュース